読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲一のブログ

普段の出来事を徒然なるままに書き出してきます。

看護スタッフの転職事情

転職 看護スタッフ 看護専門職 看護師転職 看護師 資格 働く 勤務条件 労働条件 休暇

看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を明らかにしておきましょう。

夜間に働くのは避けたい、オフはたくさんあるのがいい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。

看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、条件のそぐわない勤務先で頑張り続けることはありません。

ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。

看護職員の価値は市場では依然高いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、熟慮していくのがよいです。

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、募集案件が多数紹介される頃まで待機すると無駄がないでしょう。

看護師が転職しようとする理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。

女性の多い職場ですし、イライラが多くなりがちであり、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。

人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする要因となる人もいます。

辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を損ないますから、早く転職することをお勧めします。

専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

そうは言っても、頑張って看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。

全く異なる職種だとしても、有利となる職場は多くあります。

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。

将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も世間にはいます。

看護師の能力を向上させることで、高収入を得ることも可能です。

看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分に適した場所を探してみることは重要です。

自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が適している人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。